第5中足骨近位骨幹部骨折(ジョーンズ骨折)は要注意

今月に入り2名来られた疾患です。

 

ジョーンズ骨折といって第五中足骨が何かの外力により折れてしまうんですが、この骨折は要注意で血流が悪く骨の癒合があまり良くないので後遺症を残してしまう危険性があります。

 

特に最初の固定がすごく大切でここで無理したりすると偽関節といってきれいにくっつかず痛みがなかなか取れきれず後遺症状が出てしまうことがあるのでリハビリも非常に重要になってきます。

 

またまれに、捻挫と勘違いして放っておいたら実は骨折で変形してくっついてしまうなんてこともあるんです。

 

だから捻挫されてなかなか改善しない場合やくるぶしよりも少し前方に限局的な痛みがある場合はこれを疑った方がいいです。

 

今月から来られる2人に関しては履物の指導、状況によってインソール治療、チューブを使ったリハビリ等を行い徐々に荷重をかけていき完治出来るように行います。

 

捻挫は軽く見られがちですが骨折してしまいますとリハビリも時間がかかりますので普段から防げる所は予防していきましょう!!


店舗移転のお知らせ

平成29年6月24日より本格的な足専門施設として行うため移転することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください

当院のブログ

症状別ページ

シダスインソール作製希望の方はこちら

診療時間

完全予約制になっております。

 

月曜~金曜

9:00~12:00

14:00~19:00

(最終予約19時)

土曜

9:00~14:00

 

休診

日曜・祝日

休診日