大阪・堺市 有痛性外脛骨でお悩みで治療をお探しの方へ

あなたはこのような痛みお悩みはありませんか?

 

○土踏まず周辺が走って足が着いたときに痛い。

 

○内くるぶしの前下方あたりの骨の出っ張った部分を抑えると痛い。

 

○病院で有痛性外脛骨と診断され湿布を渡され安静にしているが痛みがひかない。

 

○整骨院でマッサージと電気をしているが改善しない。

有痛性外脛骨とは?

外脛骨とは、足の内側にある舟状骨という骨の内側に存在する過剰な骨で

 

約10~20%位の人にある骨なんですが、

 

そこに痛みが生じることを有痛性外脛骨といいます。

整形外科でレントゲンを撮ると舟状骨の内側に過剰に骨が認められます。

 

一般に偏平足、土踏まずが低い方に多く見られるのが特徴です。

 

本来骨があるだけでは痛みは伴わないのですが

 

後脛骨筋というふくらはぎからついている筋肉が捻挫や歩行やランニング時の足の内倒れが原因で引っ張られることにより

 

本来舟状骨とくっついている外脛骨を引き離してしまい痛みが生じてきます。

 

 

 

 

好発年齢となりやすい方

当院では小学生高学年以降で運動を始め歩いたり走ったりする機会が増えてくる時期から増えてきて

 

中学生、高校生にも比較的多い症状です。

 

 

 

次のような方が比較的なりやすいです(当院体験)

 

○偏平足でアーチが十分にない方

 

走ったり歩いたりするときにアーチがないことにより衝撃を受けやすく

 

土踏まずが低いため後脛骨筋が引っ張られてしまい骨に負担がかかり痛みが出る。

 

○やわらかいシューズ、実寸よりも大きい靴を履いている方

 

当院に来られるお子様に非常に多いです。

 

しっかりした靴には内側や踵の部分に足を守るためのサポートがついております。

 

中にはそれがほとんどないシューズややわらかく持って捻じるとグニャグヤなシューズがあり

 

そういったシューズを履いていると靴の中で足が内側に倒れたり前に滑ったりするため

 

足に負担がかります。

○足を接地したときにかかとが内側に倒れる。膝が内側に入る。

 

最近非常に多いのがこれです。

 

ランニングしていて足が着いたときに膝が内側を向いて踵が内に倒れ

 

つま先が外側に向いているいわゆる

 

ニーイントゥーアウト

 

これは、有痛性外脛骨だけでなく様々な足やひざの原因となってしまいます。

 

 

上記のような症状があれば危険性大です!!

当院に来られる前に皆様がやったけど改善しなかった治療法

整形外科・・・湿布を処方、安静指示、リハビリのある所では患部に電気治療を行う。

 

整骨院・・・痛みのある個所のマッサージ、ストレッチ、安静指示、電気治療

 

 

基本的に健康保険を使って治療を行う場合は痛みのある個所のみの治療となり対処的な治療になることが多いです。

 

そのため、上記に挙げているような痛みが出てしまっている原因まで治療を行うことができないのが

 

健康保険治療のデメリットとなっています。

 

 

 

当院が有痛性外脛骨を改善するために行う治療

 

当院で行う有痛性外脛骨の治療を行う上での大きな特徴は次の3点です。

 

 

 

①足裏バランス調整、骨盤バランス調整

 

②歩行改善、ランニングフォーム改善

 

③靴の履き方、靴選び

 

 

有痛性外脛骨になられるお子様は

 

足のアーチに問題がある方が多いんです。

 

土踏まずの低下や横アーチの低下、浮き指など

 

指先の踏ん張りが弱く普段からかかとに重心がかかっている方が非常に多いんです。

 

 

踵重心を起こしてしまっている原因が

 

歩き方や履物にあるんです!!

 

 

具体的には、歩行時に指先まで体重がかからずどんどんした歩き方をしていたり

 

実際の足のサイズより大きい靴を履くことで靴の中で足が動いてしまい

 

踵や足裏に負担がかかり足の横アーチが落ちてきてだんだん地面がけれなくなってきます。

 

そうすることで歩いたり走ったりするときにかかとに重心がかかり続けることにより

 

負担がかかってきてしまいます。

 

 

 

 

そのため痛みの個所だけをマッサージや湿布をしても

 

歩くときのかかとにかかる負担をとっていかないと

 

いつまでも症状が改善してきません。

 

 

そのため当院では

 

 

整体×歩行指導×履物指導(インソール)を用いて

 

 

体のバランスを整え、歩き方、足に負担のかからない靴の履き方、靴選びを

 

することで根本的な改善を行っていきます。

 

     

当院の有痛性外脛骨治療が選ばれる理由

当院が有痛性外脛骨の患者様から選ばれる理由は

 

①痛みをとるだけでなく痛みが再発しないよう根本から改善してくれる。

 

②治療だけでなく自宅でのケア方法、歩き方、靴の履き方を教えてくれるので再発しにくい

 

③足の実績が豊富のため少ない回数で改善する。

 

④改善後のアフターフォローもしっかりしている。

 

     

治療回数と治療料金

当院では、有痛性外脛骨でお悩みの方の根本的な改善を目的に

 

痛みをとることはもちろん再発しないよう体の使い方、姿勢、歩き方までを施術・指導させていただいております。

 

当院では治療の初めの1か月を最重要視しております。

 

目安として

 

最初の4回は週に1回程度

 

まず、最初の1か月で歪みを集中的に調整し歩き方の指導を行い足の接地するタイミングや位置を

 

変化させていきます。

 

そのため、初めの1か月はできるだけお時間をおつくりいただきますようご協力お願いいたします。

 

 

その後は状態により1か月に1~2回程度の治療を行い状態が安定してこればご自宅でのケアを中心にしていっていただきます。

 

 

もし、有痛性外脛骨でお悩みでしたら

 

できるだけ早い段階で足にかかる負担を取り除く必要があります。

 

 

安静にしていても痛みの原因や負担が取り除かれないと痛みは改善しません。

 

 

辛い症状を早く取り除くために

 

有痛性外脛骨でお困りならぜひ当院にご相談くださいませ!!

店舗移転のお知らせ

平成29年6月24日より本格的な足専門施設として行うため移転することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください

当院のブログ

症状別ページ

シダスインソール作製希望の方はこちら

診療時間

完全予約制になっております。

 

月曜~金曜

9:00~12:00

14:00~19:00

(最終予約19時)

土曜

9:00~14:00

 

休診

日曜・祝日

休診日