大阪・堺市 オスグッドでお悩みなら足専門の治療院へ

オスグッドの治療実績地域NO.1の足専門の治療院

あなたは次のようなお悩みを抱えていませんか??

○全力で走ると膝が痛くてダッシュできない。

 

○しゃがもうとすると膝の下が痛い。

 

○正座ができない。

 

○練習を休んだら少し楽になるが走るとまた痛くなる。

 

○病院で安静にしていたらよくなると言われたが改善しない。

 

 

 

 

オスグッド病の方に一番多いお悩みです。

 

 

よく病院では、成長痛だから安静にしていたら治るからと言われることがあります。

 

 

当院には

 

『いろいろな治療を試したけど改善しない!』

 

『痛みのせいでスポーツを我慢している!』

 

このようなお悩みをお持ちの子供たちがたくさん来られます。

 

 

足と歩行改善専門治療院COFSUコフスでは

 

オスグッド≠成長痛ではないと考えております。

 

オスグッド病にもきちんとした原因があります。

 

その原因をきちんと改善しないと安静にし一時的に痛みが楽になった

 

ような気がしても完全にはとれきれません。

 

 

オスグッド病を根本から改善し快適な生活を送りたいとお考えの

 

方は当院にご来院ください。

 

適切な処置を行えば早期にスポーツ復帰できます!!

 

 

 

 

 

 

オスグッド病とは?

10代の小中学生に多いスポーツ障害で

 

膝の下(脛骨粗面)に繰り返しのけん引力が働くことで

 

骨端軟骨に炎症や重症化の場合剥離を起こす疾患です。

 

 

バスケット、バレーボール、サッカー、野球、ランニング

 

をするスポーツをする学生に多いです。

 

 

 

オスグッド病の原因

オスグッドは一般的には成長痛と言われることが多いみたいです。

 

だから皆さん

 

「成長段階だから我慢しないといけない。」

 

「休みながらうまいこと付き合わないといけない」

 

 

なんて思われている方が非常に多いです。

 

 

ですが、単なる成長痛ですと

 

 

オスグッドで悩まれている方はもっと多いと思いませんか?

 

 

その中でもオスグッドになる人とならない人がいる。

 

その差は何なんでしょうか?

 

 

そこが本当のオスグッドになる原因になります!!

 

 

 

○大腿四頭筋の筋緊張

 

 

 

練習量が多く筋肉への負担が蓄積されてくると筋肉の柔軟性が失われてきます。

 

もともと筋肉は太い糸と細い糸が重なって伸びたり縮んだりしてます。

 

これが収縮しにくくなると太ももの前の筋肉が付着している骨の部分にストレスが

 

加わり炎症を起こしてしまいます。

 

 

ですので、使い過ぎによって負担がかかってしまうのは本当なんです。

 

 

ただし、同じ練習をしててもなる人ならない人がいてると思います。

 

 

 

 

これが次のオスグッドになる原因その2です。

 

 

○アライメントに問題がある。

 

 

難しい言葉でどういう意味か分からないと思います。

 

 

簡単に言うと骨の配置が負担のかからない位置にあるかということです!!

 

 

人間の骨格はたくさんの骨がつながって成り立っています。

 

それが、正しくかみ合っていなかったり、角度が変わってしまったりすることで

 

骨にくっついている筋肉にも負担がかかってきます。

 

 

わかりやすい例が

 

 

骨盤の前傾(そり腰)、足のアーチの低下(偏平足や浮指)、猫背

 

 

代表的な例が上に挙げたような状態です。

 

 

もともとの負担のかからない位置から骨格にゆがみが出ることで

 

 

筋肉にも負担がかかってきてしまうんです。

 

 

ですので、根本的にオスグッドを改善しようと思うと

 

 

マッサージをするだけではなくてそういった部分を改善しないといけません。

 

 

あと、これはほかの治療院ではあまり指摘がない部分ですが

 

意外と多い問題で

 

 

○シューズが足とあっていない。

 

これは、当院に来られる患者様に非常に多い問題点です。

 

 

靴には足を守る機能があります。

 

衝撃を緩和する目的があります。

 

 

この機能を十分に利用できていないどころかあっていない靴を履くことで

 

必要以上に足元に負担をかけてしまっていることがあります。

 

 

先日も中学生の男の子でサッカーをしている少年が来られたのですが

 

 

足の大きさを計測すると

 

右24.6センチ、左24.8センチ

 

 

理想の靴の大きさで行くと25.0センチが理想の大きさ(多少誤差はOKです)

 

なんですがこの少年が履いていたサイズは

 

26.5センチでした。

 

 

これくらい大きい靴を履いてしまうと

 

せっかくの靴の機能が生かせないどころか靴の中で足が動いてしまいますので

 

指先にしっかり体重を乗せることができずかかと重心になってしまい

 

立っていても膝にも負担がかかってきてしまいます。

 

 

ですので、オスグッドに限らずスポーツをする場合は必ずまず

 

自分に合ったシューズ選びをする必要があります。

 

 

当院が行うオスグッドの治療方法

オスグッドで行われる一般的な治療方法は

 

○痛みのある個所のマッサージ、電気治療

 

○患部のストレッチ

 

○サポーターや湿布

 

上記のような治療が多いです。

 

 

 

確かに患部の緊張をとって負担を減らす意味では効果があるかもしれません。

 

ただし、根本的な患部に負担がかかっている部分は取り除けていません。

 

 

とりあえずの痛みをとりたいという方はそういった治療をしているところに見てもらえると痛みが軽減できると思います。

 

 

 

当院は、そういった治療をしたけど痛みが再発したり

 

なかなか改善できない方のための根本的な治療を行っています。

 

 

○アライメント矯正

 

筋肉に負担がかからないように骨格を矯正していきます。

 

そうすると、筋肉をマッサージしなくても自然と緊張が取り除け

 

オスグッドの痛みも軽減していきます。

 

 

 

 

○フォーム矯正&歩行矯正

 

 

ランニングやウォーキングするときの足の接地の仕方や体の使い方を指導します。

 

骨盤の位置を変えるだけで膝にかかる負担が変わってきますので

 

根本改善には重要となってきます。

 

 

○靴の履き方、選び方の指導

足の計測を行い、種目別、そのシーンに合わせての靴のアドバイスを行っております。

 

靴選びをきちんとするだけで痛みが改善する方もいらっしゃるくらいです。

 

 

オスグッドで膝を曲げるのがつらかった野球少年

 

  BEFORE

野球の練習でダッシュを繰り返しているうちに膝の下側が痛くて膝を曲げるのが辛いと言われ来院。メディカルチェックを行うと足の裏と股関節に問題があり柔軟性もかなり低下しているので足首、骨盤の調整を行いました。


  

  AFTER

初回治療後痛みは多少残るが膝が曲げれるようになりました。原因が明らかな場合は1回の治療でも効果が出る場合も多いです。(個人差があります)。この患者様の場合は引き続き4回の治療を行い股関節、足裏のバランスも整い野球を問題なくできるようになりました。


オスグッドになる原因がわかったので自宅でも体操頑張ります!!

患者様コメント

オスグッドと病院で診断されシップしか出してもらえず様子を見ていたが全然よくならなくて困ってたら友達にゆい整骨院が足の専門治療してくれるらしいでと聞いて来ました。トレーニングとマッサージと調整をしてもらいインソールを作ってもらいあんだけ痛かったのが全然痛くなくなりました。ありがとうございました。

 

院長コメント

オスグッドは非常に多く学生に多い疾患の1つです。今回は初検時膝を曲げて座るのもつらそうでしたが、原因がはっきりしていたので比較的早く症状改善してよかったです。スポーツも重要やけど体のケアも1流になるには大切やでとお話しさせていただきました。頑張って下さいね!!

 


オスグッドは初めの治療が非常に重要です

オスグッドは単なる成長痛ではございません。

 

スポーツ等で体を使う際の体の使い方や走り方が原因で筋肉に負担がかかり痛みが生じてしまいます。

 

そのため、再発しないように根本的に改善していこうと思うと一時的に筋肉を緩めたり温めたりしても

 

根本的に改善することはありません。

 

そのために、まず初めにしっかりとした体の動きを習得していただきます。

 

ですので、初めの1か月はできれば週に1回のペースで治療に来ていただきたいと考えております。

 

もし、あなたがオスグッドでお悩みで痛み出ないようにスポーツをしたいとお考えでしたら

 

部活を休んででもできるだけお時間をおつくりいただきますようお願いします。

 

 

店舗移転のお知らせ

平成29年6月24日より本格的な足専門施設として行うため移転することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください

当院のブログ

症状別ページ

シダスインソール作製希望の方はこちら

診療時間

完全予約制になっております。

 

月曜~金曜

9:00~12:00

14:00~19:00

(最終予約19時)

土曜

9:00~14:00

 

休診

日曜・祝日

休診日