大阪・堺市 足底筋膜炎でお悩みで治療をお探しの方へ

あなたは次のようなお悩みを抱えていませんか?

○朝起きて歩き出すとき踵が痛くて歩けない

 

○椅子に座った後立って歩こうとしたら痛くて踵を付けれない。

 

○足底筋膜炎と言われて湿布と痛み止めを飲んでいるが症状が改善しない

 

○病院に行くと注射をすると言われたがしたくない。

 

○仕事ができずに困っている。

 

 

上記1つでも当てはまるのなら当院にご相談ください!!

足底筋膜炎とは??

足底筋膜炎は踵の内側につく、足底腱膜に繰り返し牽引力が加わることで踵に炎症が起こる症状のことを言います。

 

一般的に40代~50代くらいに多いと言われていますが

 

最近は20代や30代の方でも当院にはよく来られています。

 

ランニングを始められて数か月たってから痛みが出てきたという方も多いです。

足底筋膜炎の当院が考える原因

 

○履き物に問題がある

 

 

履き物に問題がある方の多くは自分の本当の足のサイズより大きい靴を履くことによって必要以上に靴の中で足が動いてしまい足底に負荷がかかっています。

 

靴は踵が大切ってご存知ですか?

 

踵を靴のヒールカウンターにしっかり合わせて履くことで(踵をトントン)

 

中で足が動かず

 

指を自由に動かすことができます。

 

 

ですので踵の柔らかい靴なんかもあまりよくないです。

 

(例 ムートンブーツ、スリッパ)

 

 

中には履き物を変えるだけで半年以上あった痛みが

 

なくなった患者様もいらっしゃいます。


 

○骨格のゆがみが問題である。

 

 

いわゆる歪みです。

 

 

骨盤の前傾、過回内、偏平足、ハイアーチ等が原因になる場合も多いです。

 

 

歪みがあることで荷重時の重心位置が

 

後ろに行ったり内に倒れたりすることで

 

足底筋膜に緊張が起こり常に引っ張られることにより

 

踵に炎症を起こしてしまいます。

 

 

足底筋膜炎になられている方の多くは指先の踏ん張りが弱くなっています。


 

○歩き方に問題がある。

 

 

これも非常に多いです。

 

自分では気づいていないが歩いてもらうと

 

ペタペタした歩行で指先に体重が乗っていない。

 

骨盤がほとんど動かずに足だけで頑張って歩いている。

 

オーバープロネーション(踵が歩くたびに内側に倒れる)になっている。

(靴のサイズが大きい場合起こっていることが多いです)


この患者様は外反母趾の患者様ですが足底筋膜炎でもこのように

 

地面をほとんど蹴らずペタペタした歩行になっている方が非常に多く

 

骨盤や肩甲骨の動きもほとんど出ていません。

 

この足の接地は踵が内側に倒れているのがわかると思います。

 

 

当院に来られた方が行っていたが改善しなかった一般的な治療方法

○電気治療

 

痛みのある個所に電気を当てて患部の緊張を取り除く治療

 

○注射治療

 

一時的に痛みが消失するが数日後痛みが再発する方が多い。

 

○痛み止め

 

これも一時的に痛みを抑制する効果はありますが根本的な改善には

つながらないと思います。

 

○体外衝撃波

 

これは痛みが消失したという方が結構多いみたいですが痛みを出している

根本はやはり改善していないので再発の恐れはあるんじゃないかと思います。

 

 

当院で行う足底筋膜炎の治療

○体のゆがみを改善する治療

 

痛みを出している原因となる体のゆがみを取り除く治療をまず行います。

 

歪みが改善すると立っているときのかかとにかかる負担も改善し痛みも

 

再発しなくなります。

 

 

 

 

 

○歩き方の改善

 

足底筋膜炎になられる方のほとんどは

 

歩行やランニングのフォームに問題がある場合が多いです。

 

当院は足の専門家が動画でフォーム分析をし

 

足に負担のかからない歩行を一緒に行っていきます。

 

 

 

○靴・インソールのご提案

 

当院はオーダーメイドインソールの作製(詳しくはこちら)

 

や足の計測を行い足に合った靴のご提案もご希望の方には

 

行っております。

 

正しいサイズの靴を履くことは非常に大切です。

 

(特にランニングをされたり、スポーツをする人は必須)

 

当院では足元のサポートも万全にさせていただいております。

 

 

 

当院の治療でよくなられた患者様のお声をお聞きください!!

足裏が痛みで歩けなかったが歩行指導で歩くのが楽になりました!!

どのような痛みで悩まれていましたか?

革靴を履くと足裏が痛くて歩けませんでした。

 

それを解決するために何かされてましたか?

市販の中敷きを入れてました。

 

その結果どうでしたか?

初めはいいんですが、長時間歩くと結局痛みが出てきて最近膝にも痛みが出てきました。

 

当院に来られて実際治療を受けてどう変化しましたか?

足指が地面に接地していないことにびっくりしました。歩行指導もしてもらい指先を意識して歩くことにより徐々に痛みがなくなりました。テーピングはかなり歩くのは楽でした。

 

院長コメント

 

いわゆる浮き趾という症状でした。足裏のバランスが崩れることで中足部に荷重が集中しその結果足底の筋肉に負担がかかってしまってました。また歩行時に足先までしっかり地面をけって歩くよう指導させていただき体重の掛かり方を変えることにより痛みがなくなりよかったです。足趾が上に浮いてるような方は非常に要注意ですよ!!

 

 


足底筋膜炎が2週間でなくなりました!!またバスケット頑張ります。

患者様体験談

部活で毎日走っていたら足の裏が徐々に痛くなってきて我慢して走ってたら体重が乗るだけで痛みがきつくなりゆい整骨院に来ました。走る時に足が内側に倒れてしまうので衝撃を受けやすいと説明され走り方の指導を受けトレーニングを教えてもらい2週間でかなり痛みが楽になりました。また痛くなったら先生よろしくお願いします!!

 

院長コメント

バスケットボールをされている中学生です。足裏の圧痛と荷重時の痛みがきつかったんですが、バッシュを見せてもらうと適正サイズより1.5センチ大きいシューズを履かれていてランニングフォームも内側に倒れるようなフォームでしたので足首と股関節の調整を行い足がまっすぐ出るようにトレーニング指導させていただきました。原因が分かったので痛みも早く改善してよかったです。スポーツはシューズも大切なので大事に使ってあげて下さいね!!


根本改善のための治療平均ペース

当院では、足底筋膜炎でお悩みの方の根本的な改善を目的に

 

痛みをとることはもちろん再発しないよう体の使い方、姿勢、歩き方までを施術・指導させていただいております。

 

当院では治療の初めの1か月を最重要視しております。

 

目安として

 

最初の4回は週に1回程度

 

まず、最初の1か月で歪みを集中的に調整し歩き方の指導を行い足の接地するタイミングや位置を

 

変化させていきます。

 

そのため、初めの1か月はできるだけお時間をおつくりいただきますようご協力お願いいたします。

 

 

その後は状態により1か月に1~2回程度の治療を行い状態が安定してこればご自宅でのケアを中心にしていっていただきます。

 

 

もし、足底筋膜炎でお悩みでしたら

 

できるだけ早い段階でかかとにかかる負担を取り除く必要があります。

 

 

安静にしていても痛みの原因や負担が取り除かれないと痛みは改善しません。

 

 

辛い症状を早く取り除くために

 

足底筋膜炎でお困りならぜひ当院にご相談くださいませ!!

 

店舗移転のお知らせ

平成29年6月24日より本格的な足専門施設として行うため移転することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください

当院のブログ

症状別ページ

シダスインソール作製希望の方はこちら

診療時間

完全予約制になっております。

 

月曜~金曜

9:00~12:00

14:00~19:00

(最終予約19時)

土曜

9:00~14:00

 

休診

日曜・祝日

休診日