ランニングの悩みは当院にご相談下さい。

皆様初めまして。

足と歩行改善治療院COFSUです。

昨今のランニングブームにより街中でも走られる方が非常に増えております。

それに伴いせっかくランニングを始めたのに足が痛くて走れなくなったと悩まれている方も増えております。

走れなくなった原因は人それぞれですが共通して言えることはバランスの悪さです。

骨盤や関節が正しく動かせず、重心が下がり下半身だけで走っている方が非常に多いです。

身体に負担なく走るには骨盤から上の動きも重要です。

当院ではフォーム分析、関節、筋肉のチェック、履き物チェックを行いその方に合ったフォーム指導からトレーニング指導までをしっかり行い負担なく走れるよう一緒にフルマラソン完走を目指し治療を行っております。

次のような症状でお悩みの方へ

〇ランニングを始めて膝が痛くなった。

 

〇ベストを更新できない。

 

〇長い距離を走ると痛くなる。

 

〇走り始めて足裏が痛くなる。

 

〇走り方がよくわからない。

 

 

お悩みが一つでも当てはまる人

できるだけ早く当院にご相談下さい!!

 

ランニング障害になるのには

原因が必ずあります!!

 

 

 

 まずは体験者の声をお聞きください。

昨年の京都マラソンを膝の痛みでリタイアされ悔しくて一から体を作り直してリベンジしたいとご来院いただいたO様。

初めは骨盤が沈むようなフォームで膝への負担が多かったため走る量を減らしフォーム固めとトレーニングを行いました。

徐々に走り始めると体の疲れが以前と違うことに気づきフォームを意識しながら走る距離を伸ばしていき無事完走のご報告をいただきました。

膝の痛みが改善し泉州マラソン自己ベストが出ました。

どのような痛みで悩まれていましたか?

先月ハーフマラソンを走った時に膝にいきなり痛みがでてそこから普通に歩いたりするのも痛くて悩んでいました。

 

それを解決するために何かされましたか?

病院でシップと痛み止めをもらって飲んでました。

あと、近所の整骨院でマッサージをしてもらいました。

 

その結果どうでしたか?

マッサージした時は結構軽くなったが走ると2~3キロ位で膝に痛みが出てきてなかなか走れないんでどうしようかと悩んでました。

 

当院に来られて実際治療を受けてどう変化しましたか?

治療はもちろんなんですが、走り方特に膝の出し方について教えてもらってその通りに走ることで練習で20キロ走っても痛みが出なくなりました。

 

院長コメント

ランニング歴7年のT様。今回初めて膝に痛みが出たとのことでまず、ランニングフォームをチェックさせていただきました。原因は膝が外からねじれるように出ていることと骨盤周辺のバランスの悪さにありました。ですので骨盤のバランス調整とトレーニング、インソールを作製させていただき、本番はKTテープで膝をサポートさせていただきました。ランナーに限らず膝は横の捻じれに弱い関節なのでフォームは非常に重要ですよとお話しさせていただきました。自己ベストおめでとうございます!!

 


膝の痛みがなくなりランニングできるようになりました。

患者様体験談

 

ランニングをずっとやっていたのですが急に膝が痛くなり走れなくなり困ってたところHPを見て先生にお世話になりました。痛みの原因が体の歪みと走り方にあると指摘され自分では全然自覚してなかったところも教えてもらい4回目の施術であれだけ痛かったのがうそのように楽になりました!!今までは普通の整骨院に行って電気やマッサージをしてもらってその時は楽になるがまた走ると痛くなるの繰り返しだったのでもっと早く先生のところに来たらよかったです。これからもお願いします。

 

院長コメント

 

本格的にランニングをされているT様。今回御指摘させていただいたことを忠実に行ってくれたので早期に症状改善されて本当によかったです。ランニングやウォーキングは少しフォームが悪かったり体のバランスが崩れるとすぐに痛みを招くので今回をきっかけにますます活躍していただけたらなと心より願っております。またいつでもご相談下さい!!


モートン病を克服しフルマラソン完走できました。

当院に来られる前どのようなことで悩んでましたか?

 

ランニングを始めてから左足のモートン病になり歩くのが痛くて困っていました。

 

それを解決するために何かされていましたか?

 

病院から痛み止めをもらって様子を見ていました

 

その結果どうでしたか?

 

症状があまり変化しませんでした

 

当院に来られて実際治療を受けてどう変化しましたか?

 

インソールと施術のおかげで神戸マラソンを完走することができました。

 

院長コメント

 

病院で痛み止めを飲み続けていたが痛みが治まらないのでもう薬は飲みたくないと尼崎市からご来院いただいた

K様。

 

モートン病の原因が足のアーチの低下と地面に接地するときのかかとの内倒れでした。

 

その結果地面をけって走ることができずペタペタしたランニングフォームでしたのでアーチを作るための治療と歩行動作を修繕を行い接地の仕方が変化してくると同時に少しずつ走れるようになり無事に神戸マラソンを痛みなしで完走していただくことができました。

 

モートン病は対処療法ではなかなか改善しませんので

根本的に改善をされることを強くお勧めします!!

 


痛くて踵をつけて歩けなかったのが今ではランニングが楽しみです!!

患者様体験談

仕事で歩いていたら急に踵が痛くなり何だろうと思いながら仕事を続けていたら1週間後踵に激痛がし踵をつけることができなくなり特に朝起きた時の痛みがきつく病院で痛み止めの薬をもらって飲んでいたんですが全然回復することなくむしろ痛みがきつくなるいっぽうだったのでこれでは仕事に影響が出るのでネットで調べて先生のところにお電話させてもらいました。先生に足の裏のバランスが崩れている、足の指が浮いているので踵に重心がかかってしまって痛みが出てると言われ骨盤の整体と靴の履き方、足指の体操と歩き方を指導してもらい3週間後にはほとんど痛みが消え今日で2カ月になりますが今ではランニングが出来るようにまで回復しました。今回お世話になって足の大切さを身にしみて感じたのでこれからは正しい歩行を意識して仕事をしていきます。本当にありがとうございました。

院長コメント

この患者様は1日1万歩以上歩かれていたのですが靴が合っていなかったのと骨盤のバランスが悪いため後ろ重心になっていたので姿勢の改善と歩行改善を中心に治療を行いました。指もかなり浮いていましたので足裏バランステープを継続的に行いインソールを入れて自宅での宿題もがんばってもらいました。思ったより早く改善が見れてきたのでよかったです

 


ランニング障害になりやすい人とは?

①ランニングフォームに問題がある。

女性に多いですがせっかくランニングを始めたのはいいが走り方が関節や筋肉に負担がかかりやすいフォームになっているため走り始めて数か月で痛みが出てきてしまう方は非常に多いです。

例)骨盤後傾して重心が下がってしまうことで足に負担がかかる。

 

②走るための筋力が備わっていないうちに走る距離を伸ばしてしまう。

今まで運動をしていなかった方に多いですが、ランニングでかかる負担に耐えうる筋力がない状態で走ってしまうため関節に負担がかか炎症を起こされる方も非常にい多いです。こういった方は筋トレと併用して走っていく必要があります。

 

③もともとのアライメントに問題がある。

O脚や骨盤の前傾、偏平足等アライメントに偏りがあるため負担のかかりやすい筋肉や関節に痛みを生じてしまいます。こういった方はアライメント矯正も必要ですが負担のかからない走り方を覚えることもランニング障害を防ぐ対策となります。

 

④履き物に問題がある

 

どんな症状でお悩みですか??

●3~5キロ走ると膝や足首が痛くて長距離が走れない。

 

●スローイングする時に肩や肘が痛くて思いっきり投げれない

 

●しゃがむと膝が痛い

 

●ラケットを振るときに肘の外側が痛い

 

●フルマラソンを足が痛くならずに完走したい

 

 

 

このような症状で悩まれていませんか??

 

 

悩まれていてなかなか改善しないあなた

 

 

それは、痛みの箇所だけに治療をしているからです。

 

 

 

痛みをなくそうと思えば痛みの原因に対する治療

 

 

行わないといけません。

 

 

 

当院は痛みの原因から根本的に改善します!!

 

 

当院のスポーツ障害治療の特徴

①痛みのある所を治療するのではなく痛みの原因に対する治療を行います。

 

スポーツに限らず痛みの箇所と痛みを誘発してしまっている原因は別のところにあることが多いです。

当院では、スポーツをされている患者様が来院された場合必ず痛みの出る動作をスポーツの動きの中で確認させていただきなぜ痛みが出ているのかチェックしてから治療を行います。状況によっては痛みの箇所は全く触らず原因の箇所を治療するだけで痛みが消失することもあります。

 

②痛みが消失し再発しないよう運動フォームの指導、トレーニング指導を行います。

 

スポーツトレーナーの資格を持つスタッフがフォームをチェックしパフォーマンスが上がるようフォーム指導を行っております。ご自宅でのケアする方法もお伝えしますので頑張って行って下さい。

 

 ③絶対安静ではなく動かせるところから動かしながら早期回復を目指します。

 

怪我をすると医療機関では絶対安静を指示されることが多いと思いますが当院では怪我をしたことにより他の箇所の筋力やパフォーマンスが低下しないよう動かせるところは積極的に動かしていき怪我によるダメージを最小限に抑えれるようにリハビリテーション及びトレーニングを行っております。そうすることにより競技への早期復帰を目指します。

 

 

主なスポーツ外傷

 

 

肩・・・野球肩・腱板損傷・リトルリーガーズショルダー

 

 

肘・・・テニス肘・野球肘

 

 

腰・・・腰椎分離症・ヘルニア・りじょうきん症候群

 

 

膝・・・オスグッド・半月板損傷・靱帯損傷・膝蓋靱帯炎

      腸脛靱帯炎

 

足・・・シンスプリント・アキレス腱炎・有痛性外脛骨

      足底筋膜炎・種子骨障害・足関節捻挫・足根洞症候群

      踵骨骨端症

 

店舗移転のお知らせ

平成29年6月24日より本格的な足専門施設として行うため移転することになりました。

詳しくはこちらをご覧ください

当院のブログ

症状別ページ

シダスインソール作製希望の方はこちら

診療時間

完全予約制になっております。

 

月曜~金曜

9:00~12:00

14:00~19:00

(最終予約19時)

土曜

9:00~14:00

 

休診

日曜・祝日

休診日